一般財団法人住宅保証支援機構

住宅ストック維持・向上促進事業

健全な中古住宅・リフォーム市場の発展を図るため、良質な住宅ストックが市場において適正に評価され、消費者が住生活に係るニーズを的確に充足できる市場環境を整備する取組に対し支援を行います。

コーナー内目次

事業概要

1.良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業

関係主体が連携した協議会等が行う、良質な住宅ストックの維持向上・評価・流通・金融等の一体的な仕組みの開発・周知、当該仕組みの試行を支援する事業です。
また、「安心R住宅」について特別枠を設定し、優先的に支援を行います。(安心R住宅版)

2.消費者の相談体制の整備事業

住宅の関係主体が参画する協議会等が行う、住生活に関するニーズを一元的に受付け、専門家が連携して多様な消費者のニーズに対して的確に助言・提案を行うサポート体制の整備を支援する事業です。

3.リフォームの担い手支援事業

民間事業者等が行う、リフォーム事業者の資格や施工実績、依頼者の評価等の情報を提供し、トラブル対応等に備えた第三者委員会を設置する等、消費者が安心して事業者を選択できるウェブサイトの整備を支援する事業です。

交付申請について

1.良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業

安心R住宅版

安心R版の提案を提出希望の協議会は、国土交通省へお問い合わせいただき、提出の許可をもらってから、当財団へ提案様式についてお問い合わせください。

応募期限(安心R住宅版):令和2年12月25日(金)(必着)

2.消費者の相談体制の整備事業・リフォームの担い手支援事業

3.参考

事業者の取り組みについて